羊国手芸記

羊の国ニュージーランドで糸紡ぎ

I dye, spin, crochet, knit and weave in New Zealand-the country of sheep.
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< もう少々 | main | フェルトの方式 >>
# Creative Fibre Open Day
今日はダニーデンCreative Fibreのオープンデー。

行ってみたら、今年ティマルであったCreative Fibre Festivalの小型バージョンと行った感じだった。
TallyHo, Chocolate Wool NZ, Clifton Wool'n'thingなどの羊毛屋や
 Majacraftの代理店や
靴下ヤーン屋
などが出店していた。

Majacraftでは Pioneer, Suzie Pro, Little jem全部紡ぎ試しをさせてもらった。
いや〜、どれも良いです...
でもさ、値段が...
「紡ぎ界のロールスロイス」と,一緒に行った友達がうまいこと言ってたよ。

TallyHoでは注文しなくちゃと思っていたメリノ(カード済み1キロ35ドル)と
いつもの木のボタンいっぱいを手に入れて
Chocolate Woolではナチュナルカラーのゴットランド購入。
もっと色々欲しかったけど、ウールの在庫処分をがんばっている今、買うのは賢くないと思って踏ん張った。<よくやった自分

フェルトのクラブで一緒だった仲間や
(平均年齢70くらい。いやもっとか。冗談じゃなくて。)
紡ぎを手ほどきしてくれたベティばあちゃんにも再会。  

試し紡ぎをしている私を見て、ベティばあちゃん
「あら、あんた、上手になったじゃない。あのときはどうなることかと思ったけど〜。」
って。私、そんなに下手だった?。へへ。
あれから毎日練習したんだって言ったらうれしそうだった。

それにしてもダニーデンのCreative Fibre、これからどうなってしまうんだろう?
と心配になるほど
高齢化が進んでいる。
アラフォーの私が最年少じゃないかな。

来年はもっとがんばってミーティングに参加しよう。
習えることをちゃんと習っておこうと思ったのだった。

*****************************


ハニーとトーストは段ボール箱から飛び出して逃げるようになってしまった。
ずっと小さくてかわいいままでいろよ、ってのは無理な願いだね。

寮内ではもう飼えないってことになり
もともとの持ち主のお家へ引き取られて行った。

しばらくは17匹の兄弟達と一緒に暮らすことになるって。
元気でな〜。
短い間だったけど楽しい時間をありがとう〜。
また会いに行くよ。
| comments(4) | trackbacks(0) | 12:10 | category: 紡ぐ/spinning |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:10 | category: - |
コメント
この間、お父さんの工房にウィールが!



と思ったら船の舵でした(¨;)


何に使うかはナゾです…。

ウチの子は一歳になってもまだ歩かないのに、ハニーとトーストは巣立ちですか〜

17匹の中に突然入っても、うまくやっていけるといいね(^O^)


creative fibreって聞くと若い人達が沢山居そうですが平均70ですか…。

一部熱狂的な日本の方は比較的若いんでしょ?
ニュージーランドの若い方には、イメージが固定しちゃってるのでしょうか??
益々うしちゃん呼ばれてる感じですね(* ゚艸゚)

頑張って下さい(P。∀゚)q!!!
| りら | 2009/09/20 9:44 AM |

>りらちゃん

ハニーのトーストの飼い主さん、メスだったら卵を産むからキープ、オスだったらクリスマス前に...と言っていたよ。メスでありますように...

Creative Fibreっておしゃれで、でもよくわかんない名前に変わってしまったけど、元々は Spinners and weavers guildって呼ばれてたんだ。そのほうがわかりやすい。

若い人、いないねえ。たぶん私世代が数人いるだけ。あとは70台、80台ばあちゃんの集まり。孫みたいに扱われたりします。
それも悪くないですけど。

日本では若い人の間で「アートヤーン」って呼ばれる紡ぎが盛り上がっているらしいんだ。あ〜仲間に入りたい。
こっちのばあちゃん達はアートヤーンを邪道のように扱います...紡ぎのイメージも「ばあちゃんの趣味」か「自分ちにいっぱい羊がいるから。」とかそんな感じで、一般の人にはまったく関係のない世界みたい。

お父さんの船の舵、何になるか今から楽しみにしてます。
| 糸子 | 2009/09/20 5:21 PM |

ひどい!

って思われるかと思って打つの止めましたが。

やっぱり…

クリスマスにトーストが、グリルになってもおかしくはないですよね、そちらでは(*_*)



アートヤーンて知らない者にはフシギな響きです(゜o゜)




お父さんの船の舵、郵便受けに付いてました(^O^)
| りら | 2009/09/21 10:14 AM |

セミ自給自足みたいの(家で作れる野菜は作るとか。。。)普通にやるお国柄なので、仕方ないよね〜。

ハニートーストを引き取ってくれた夫婦の奥さんは日本人で、飼っている鶏を旦那さんがしめるときは嫌だし、食べられないと言っていました。私も一回ペットだと思ってしまうとだめだろうな。

私は自分の紡いだ糸は全然アートしていないし、アートという言葉を使うのにとっても抵抗があるので、ノベルティーヤーンと言ってます。

お父さんの郵便受け、見てみたいなあ〜。
| 糸子 | 2009/09/23 6:00 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://itosaku.jugem.jp/trackback/46
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Itosaku. Make your own badge here.
booklog
Search this site
Sponsored Links