羊国手芸記

羊の国ニュージーランドで糸紡ぎ

I dye, spin, crochet, knit and weave in New Zealand-the country of sheep.
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< キッチンで染める 2 | main | 悪い癖 >>
# バッツを作る
 
フェルトのお教室用。
来週一人予約入っているだけだけど。えへへっ。

10gのは小物作りに。
30gのは販売用。
並べるとちょっとプロっぽく見える。
| comments(4) | trackbacks(0) | 19:22 | category: フェルトのお教室 |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:22 | category: - |
コメント
ハイハイハイ(>_<)/

先生、バッツとは何ですか?!
| りら | 2009/06/25 8:36 PM |

良い質問ですね、りらさん!

羊の毛を櫛でとかすんだけど、その櫛が写真手前に写っている木のウィールに針がとげとげしているブツです。ドラムカーダーといいます。

これに羊毛を洗ったり染めたりしたものを入れていくと毛の向きがそろって、しかも繊維の間に空気が入って羊毛のロールができるんだけど、これをバッツとよびます。写真後ろに移っているカラフルなブツがそれです。

この状態だと紡ぎにもフェルトにもすぐに使えるんです。

たぶんこれで説明は合っているはず。
ああ、こんなんで生徒さんに教えることができるんでしょうかね、私?

| 糸作 | 2009/06/25 9:08 PM |

説明で過去の記事が理解出来るようになりました(^O^)

ふわっふわで、バッツの状態で既にカワイイ(´∀`)

この画像のバッツは「ぼや〜」っとしてるのに比べて随分カラフルですね〜。


私、教室9年になりますが9年前は思い出したくないです〜(>_<)


…励みになってませんね(-.-;)
| りら | 2009/06/25 10:33 PM |


お教室始めて9年か〜!。
その前の修行の年数をいれてもう20年くらい陶芸ひとすじなんだね。うわ〜、本当にすごいことだよ。私なんか人生迷っちゃってあっちにふらふらこっちにふらふらだったな。

草木染めはとてもやわらかいやさしい色に仕上がります。以前の記事の紅茶染め、タマネギ薄皮染めはやさしい色でしょ?

今日の記事のバッツ達は化学染めと言って、化学染料を使ったので、ビビッドな色になりました。

草木染めが好きな人は化学染料はいやっていう人もかなりいるみたい。私は色で遊ぶのが好きなんで、節操無く両方使ってます。
| 糸作 | 2009/06/26 5:56 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://itosaku.jugem.jp/trackback/11
トラックバック
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Mobile
qrcode
My Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Itosaku. Make your own badge here.
booklog
Search this site
Sponsored Links